Best Mobile【モバイルルーターの比較・最安値情報】

モバイルルーターの選び方から、比較・最安値情報まで。

ポケットWi-Fi(モバイルルーター)を契約する人は確認、速度の速い端末を紹介

      2018/11/06

ポケットWi-Fiを契約する人は年々増えているかと思います。
けど家電量販店とかでキャッシュバックなどが付きとてもお得に感じますが、契約してみると回線が遅いとか感じてしまうことも多いかと思います。今回は、ポケットWi-Fiの紹介をしながらメリットやデメリットなどの紹介や契約にあたっての注意点なども紹介したいと思います。

パソコンを使う女性

ポケットWIFI(モバイルルーター)って何ができるの?

docomo,au,ソフトバンクなどで契約できるポケットWi-Fiは、
スマホやパソコンやタブレットや携帯ゲーム機や据え置きゲーム機など様々な機械で使用できます。
・ポケットWi-Fiが一つあるだけで同時に通信を行うことが可能になります。
外出先でもポケットWi-Fiでネットにつなぐこともできます。
そのほかには、自宅に固定回線を引いていない場合でもポケットWi-Fi一つで使いたい機器の横に置いておくだけでデータ通信を使うこともできます。

失敗しない!ポケットWIFI(モバイルルーター)を比較するポイントとは?

・ポイント①月間の通信容量

ポケットWi-Fiには、月間の通信容量に制限があり、その制限がついてしまう理由としては契約するプロバイダーが設定している通信容量以上使用すると通信速度に制限がかかります。制限がかかると動画やサイト閲覧に関して時間がかかりますのでストレスを感じてしまう可能性もあります。

・ポイント②速度制限

WiMAXの場合は3日間で10GB以上の使用量を超えると制限がかかります。
制限後の速度に関しては契約会社によって異なります。

・ポイント③通信速度

ポケットWi-Fiで、一番気になるのは速度になります。
ポケットWi-Fiの機会に関してはどれもスペックはあまり変わらないので速度の変化は使用環境になります。

・ポイント④対応エリアの広さ

ポケットWi-Fiに一番重要なのは、外出先でも使用できるので対応エリアが広い方がいいと思います。
契約する会社でエリア対象外もあります。必ず契約時にエリアの確認をしてください。

・ポイント⑤月額料金

一番気になるのは、月額料金になります。
端末料と月々の使用量が加算される場合もあり、そのほかには割引などで安くなる場合もあります。

・ポイント⑥ポケットWi-Fiの会社

各会社によって快適に使えるエリアが料金の安さに依って変わる場合もあります。

快適に使える?

ポケットWi-Fiもスマホのように一定の通信量を超えると通信制限がかかります。
よく広告とかで実測値を書いていますが、その速度の10分の1程度の速度しか出ていなくて実際の速度は20Mbpsくらいで動画とかを見るにはそれ以下の速度でも十分使えます。
速度制限の緩さも注目してください。
UQ、au、Y!mobileなどは月間の制限に関しては特にありませんが、3日間で10GB以上使うと翌日の夜間に制限がかかり、その制限でもYouTubeなどの動画は見れます。
ソフトバンク、ドコモは、月間の制限があるけど3日間の制限はありませんが決まった通信料を使うと月末まで制限がかかります。その場合は通常のサイトを見るのも厳しくなります。

通信エリアの広さ

無制限プランが使用できる3社の中ではWiMAXとauが対応エリアが広いです。
公式ページを確認してください。

料金

ポケットWi-Fiの月額費用としては4,000円~5,000円くらいでキャッシュバックなどでお得になる場合と端末代とかで高くなる場合もあります。
・WiMAX
NEXTW05
本体代は0円
事務手数料3240円
毎月かかるお金4604円
キャッシュバック(GMOとくとくBB)32,400円
1年間でかかる費用 40,935円

端末代が0円というとこはとてもお得だと思います。
GMOとくとくBBがプロバイダの場合は3万円のキャッシュバックがもらえます。
・au
端末代NEXTW05 0円
事務手数料 3,240円
毎月の費用 4,730円
1年間のトータル 59,563円
WiMAXより、高いのとキャッシュバックのキャンペーンなどもないです。
auとWiMAXとの通信やエリアも同じなどで少しでも安くてキャンペーンなどもあるWiMAXの方がお得です。

・ワイモバイル
端末代 603HW 41,400円
事務手数料 3,240円
毎月の費用 3,579円
1年のトータル 58,616円
ワイモバイルの端末は高額になります。
月額割引がありますので3年間使うと実質0円になりますが途中で解約すると端末の残金を一括で請求されます。
3年契約になります。

・ソフトバンク
端末代 601HW 42,480円
事務手数料 3,240円
毎月かかる費用 9,612円
1年のトータル 117,962円
1番多いデータは50GBのプランを契約した場合負担料が10,000円近くかかります。
端末料は月額割引がありますが3年間使用すると実質0円になります。途中解約すると端末代が一括で請求されます。
あまりお勧めできません

・ドコモ
端末代 N-01J 26,568円
事務手数料 3,240円
毎月かかる費用 9,045円
1年間のトータル 125,982円
ドコモのポケットWi-Fiは、他社と比べても高いのであまりお勧めできません。

・WiMAX
UQモバイルから発売されているWiMAXは無制限プランもある人気のモバイル回線になります。回線はau回線になりますのでauスマートバリューmineも適応しておりauスマホなどを持っている人にはWiMAXを利用するとお得になります。

・Y!mobile
無制限プランで利用可能になるポケットWi-Fiになります。
実際の店舗を持っているY!mobileのの対応エリアはYahooWi-Fiになります。
YahooWi-FiよりもY!mobileの方が月間データ容量も多く月額料金も安くなります。

・NEXTmobile(ソフトバンク)
ソフトバンク回線を利用しているポケットWi-Fiになりソフトバンクの4GLTEエリアに加えて4Gエリアも使用できるので安定した通信回線を使用できます。
月間通信量が20GBでも2,700円での使用でき、無制限にこだわらない場合はおすすめのサービスになります。

・ドコモ
ドコモのポケットWi-Fiは通信品質や対応エリアに関しては優れていますが料金は高額になります。

ポケットWIFI(モバイルルーター)の通信形式は?

2つの通信形式があります。
キャリアなどで提供しているLTE形式とUQWiMAXが提供しているWiMAX形式の2つの通信形式があります。
LTE回線の通信速度は最大788MbpsでWiMAXは最大708Mbpsです。
最大通信ではLTEの方が勝っています。
料金は、両社とも特に差はありません。
速度制限は、どちらもある一定の通信を使用すると制限がかかるようになります。
LTE」回線もWiMAXに関してもプロバイダーを経由しますのでプロバイダすべてが決まる感じになります。
・GMOとくとくBBWiMAX2+
WiMAXのプロバイダの中ででもGMOが強いです。
月額3,609円~になり、キャッシュバックが42,000円もらえます。
キャッシュバックの金額はキャンペーンなどで異なるようになります。
速度も最大708Mbpsです。
・ネクストモバイル
ソフトバンクの回線を使用しているのでつながりやすいです。
3日で速度制限もありませんのでたっぷりと使用できます。
20、30,50からの選択になります。
安くて2,760円、高くて4,880円になります。
・ヤフーWi-Fi
LTEのポケットWi-Fiの中では一番安いです。
月額は2,942円です。
ポケットWi-Fiの機種について
WiMAXの方はNEXTw05
下りが708Mbps
WiMAX2+、au4GLTE回線を使うことができます。
NEXTWX04
NECから発売されているmobileルーターになっています。
下りが最大440.Mbpsになります。
電池も大容量なので長時間使用できます。
LTEのポケットWi-Fi
WIFI305ZT
下りが最大112.5Mbpsです。
コンパクトになりますので持ち運びがとても手軽です。
最大10時間つかえます。
93gなのでとても軽いです。
603HW
下りが最大612Mbpsのハイスペックになります。
4×4MIMO,256QAMの最新の技術になります。
地域が限られているが最大速度は612Mbpsになります。

通信速度の大切な考え方

通信速度は、インターネットをしよするにあたって知っておく必要があります。
ウェブサイトを閲覧するときや動画を見るときデータをダウンロードをするために必要なものになります。
・上りと下りとは
上りはアップデートと呼び、下りはダウンロードと呼びます。
アップデートは、メールを送ったり写真や動画をアップロードします。
ダウンロードは、ホームページを見たり、画像や動画を見たりするのはダウンロードと呼びます。上りより下りの通信速度の方を重要視されます。

ポケットWIFI(モバイルルーター)のメリットとデメリット

メリット

外出先でも対応エリアであれば固定回線とほぼ同じ高速のインターネット回線ができます。
最新のモバイル端末であれば100Mbps以上の速度を出すことも可能になります。

持ち運ぶことができます

外出先で使用できるインターネットになります。
現在のスマホには、通信料にも限りがあるので外出先で使用したいと思う人はポケットWi-Fiを使用しています。

光回線に比べると月額料金が安く使用できるものが多いです

ポケットWi-Fiは光回線より安く使用できるので外出専用としてではなく自宅用として使用する人も多いです。
光回線はプロバイダー料込みで月額料金が6,000円前後しますが、ポケットWi-Fiは、月間通信料制限なしのプランで4,000円前後で利用できます。

回線工事が不要で簡単に利用が可能です

ポケットWi-Fiは無線のインターネットになりますので光回線のようにキーを入力するだけですのでかります。
設定に関してもアクセスキーを入力するだけ使用できます。
仕事の都合などで転居が多い人が良く利用しています。

スマホと比べてコスパは良い

LTE回線の発達によりポケットWi-Fiは以前より使用する人は減りました。
スマホのデータ通信よりポケットWi-Fiの方が大量にデータ通信ができ、月額料金も安いのがほとんどになります。

安全な通信をすることが可能

フリーWi-Fiの場合は、ハッキングなどのリスクがあるため使用する際は注意が必要です。

引っ越ししてもすぐにインターネットを使うことが可能

引っ越ししても光回線の場合は開通までに時間がかかるためすぐに利用することができません。
しかし、ポケットWi-Fiの場合は対応エリアの場合ならすぐにでも使用できます。

設定が簡単

ポケットWi-Fiの設定はとても簡単なので、すぐに利用可能です。

デメリット

固定回線より通信が不安定です

ポケットWi-Fiは無線のインターネット回線になりますので電波環境によって通信の品質が悪くなる場合もあります。
無線の回線になりますので些細な環境でネット接続ができない場合もあります。
WiMAXの電波環境が良い場合はとても快適に使用できます。
WiMAXの通信回線に関しては環境が良い場所であれば光回線並みに通信速度は速くなりますが、電波が悪い場所では昔のADSLのように遅くなる場合があります。

ポケットWi-Fiにも通信制限があります

ワイモバイルとWiMAXの場合は通信制限なしのプランもあります。
3日間で3GBの通信で制限があります。
WiMAXの場合は3日間で10GBになりました。
光回線のように通信料を気にせず使用することはできません。

ポケットWi-Fiそのものを持ち歩く必要があります

ポケットWi-Fi端末が電波の受信をするためそれをスマホやパソコンに接続するのでポケットWi-Fiを持ち歩く必要があります。
ポケットWi-Fiは、充電が必要になります。
一度充電するだけで6~8時間連続通信ができます。
・月額料金がかかります。
プランによって価格は異なりますが、月額3,000円くらいが相場になります。

同時に接続できる機器に制限があります

同時に接続するとその分速度も落ちます。
そして接続台数にも制限もあります。

ポケットWIFI(モバイルルーター)を契約方法とは?

ポケットWi-Fiを契約するには、3つの場所で契約することが可能になります。

契約の手順

まず、プロバイダを選択し、プロバイダはたくさんありますがGMOとくとくBBが一番のお勧めになります。
その後最新の端末を選んで、契約年数を選択します。
おすすめは、2年プランになります。
2年間以上の契約だとモバイルルーターのバッテリーの持ちが悪くなります。
クレードルは希望しないを選択してください。それを希望するにするとキャッシュバックが安くなります。
その後、ギガ放題を選択してください。
通常プランは、毎月7GB使うことはできますがそれ以上になると通信制限がかかります。制限中は128Kbpsまでの速度まで落ちるようになります。
契約後2~3日後に端末が家に届く
届いたら同封されているSIMを本体にさしてWi-Fi設定をしてから使用できます。
Wi-Fiを登録してから届くまでを紹介しました。
家電量販店での契約は、家電を買いに来たついでに契約する感じで実際に端末を触ったりすることができ、パソコンやタブレットなどと購入すると割引をできるキャンペーンもあります。けど割引をされる分の代金に関しては上乗せで分割で支払うことになります。
実際は高いです。

家電店

メリット

申し込んだ当日から使用できます。
疑問点があると確認できることもあります。

デメリット

キャッシュバックの特典が弱い。複数の業者と比較できません。

携帯ショップでの契約

携帯ショップなどでスマホの異種変更など新規契約などのついでにポケットWi-Fiを紹介されて契約するようになります。
携帯ショップも家電量販店同様料金が高いので割引があってもお得にならない感じになります。
携帯ショップで契約するとスマホ料金と請求とかが一緒になります。
在庫があれば当日からポケットWi-Fiを利用できるメリットです。
料金や土日の場合のデメリットなどを考えると携帯ショップでの契約するのもお勧めしません。
auの場合は、独自のWi-FiとWiMAXのプランを申し込むことが可能になります。
auは、WiMAXの開発や所有をしているUQモバイルがあります。
・ソフトバンクの場合は、LTE回線を利用したWi-Fiデータプランを申し込みできます。
・ワイモバイルの場合は、イーモバイルがサービスをしていましたがソフトバンクの傘下になってからワイモバイルになりました。

携帯キャリアの店頭

メリット

申し込みした日に利用できます。
基本的にスタッフの質が高いです。

デメリット

キャッシュバックの特典が劣ります。
店員の勧誘に関して不快に思うこともあります。

インターネット契約

オンラインですべての手続きができるので営業時間を気にする必要がないので申し込みがいつでもできます。
急ぎの場合も安心です。
申し込みはすべてネットで行うことができ、その後Wi-Fiルーターが郵送で届きます。
届いたルーターに初期設定をすればポケットWi-Fiを使うことができます。
各プロバイダで独自の入会特典をもらうことができます。
プロバイダによって異なりますが多い時で30,000円のキャッシュバックがありますので1年目の利用料金がタダ同然にもなります。
会社にはUQのように自社回線を使っているところとそこの回線を有料で借りて提供している会社の2つのタイプがあります。
契約では、プロバイダも必要になります。

オンラインショップ

メリット

・契約に時間がかからない
オンラインの場合は10分もかからず契約ができる場合もあります。
・24時間いつでも注文ができます。
自分の都合で契約ができます。
順番待ちもありません。
・オンライン独自のキャンペーンを受けることができます。
店頭で受けれないキャンペーンを受けることができます。
オンラインショップでしか手に入らないものや特別価格での契約とかもできます。
・サポートが手厚い
サポートに関して手抜きされることはありません。契約内容についての疑問があった場合はオンラインチャットで質問をすると答えてくれます。

デメリット

詳しいサービス内容を聞くことができません。
店頭と違ってオンラインショップでは、自分で契約内容を理解する必要があります。店頭の場合は店員さんが説明をしてくれます。オンラインショップで詳しいサービス内容を知りたい場合はオンラインチャットを利用することにしてください。

契約する前の注意点

・契約期間の確認

ポケットWi-Fiは、契約期間があります。
WiMAXの場合は、2年契約になり、2年以内に解約すると違約金が発生します。
Ymobileは3年契約になります。
WiMAXの場合の解約金は、13か月間での解約は19,000円、14~25か月目での解約は14,000円、26か月目以降での解約は9,500円かかります。
Ymobileは、9,500円かかります。

・料金は本当に安いのか

毎月の利用料は安いように見えて安いのは使い始めて3か月目までは安いですが4か月目以降からは料金を上がります。
2年契約の合計や3年契約の合計を確認するとよいでしょう。

・セット割りやキャンペーン

プロバイダによってキャッシュバックを行っています。
WiMAXはauのスマートフォンを使っているとauスマートバリューを利用でき利用料金が最大934円割引になるなどのセット割りもあります。
毎月の負担を軽減できます。

・データ通信量が自分にあっているのかを確認

UQの場合は、月額4,380円で月間の通信量が上限なしで使えるUQFlatツープラスギガ放題と月額3,696円で月7GBまで利用できるUQFlatツープラスのプランがあります。月7GB使わない場合に上限なしにしてしまうと余分に支払うようになります。
月7GB以上使う人は、無制限プランにしておかないとすぐに速度制限がかかります。

・サービスエリアが問題ないかを確認する

Wi-Fiネットワークが使えるのか確認する必要があります。

ポケットWi-Fiが遅い原因

・通信制限になっている場合

3日間か1か月間で決まっている通信料を超えた場合通信制限がかかります。
制限されると128Kbpsになるものもあります。
3日で10GB 以上の通信量を使用した場合は速度制限がかかります。
会社によって制限後の速度が異なります。
ギガ放題のWiMAXにも通信制限がかかります。

・定期的に切断してしまう場合は

使用しているWi-FiルーターとほかのWi-Fiの電波が干渉している可能性もあります。

・大きなイベントに参加している場合

イベントに参加していると回線が混雑する場合もあります。

・ポケットWi-Fiの電波が弱い場合

場所によって回線の速度も電波状況も違います。

まとめ

今回、ポケットWi-Fiについての紹介をしました。
ポケットWi-Fiでは、使いやすい人と使いにくい人の2通りに分かれることになっています。
自分も過去にポケットWi-Fiを使用していましたが、使いにくい点や契約をすると契約満期でも解約金や契約中ならとても高い解約金が発生するのも事実で、回線速度に関しては光回線より遅くなり速度制限もありますが、工事をしないで即日できるのはとても便利です。

 - モバイルルーターの基礎知識

  関連記事

ポケットWi-Fiはどこで借りたほうがいい?メリットとデメリットについて

ポケットWi-Fiを契約する際にどこで契約してどのようなメリットがあり、デメリッ …

mac
【保存版】外出先でインターネットをする方法まとめ – ノートパソコンで作業(Wi-Fi/LTE/WiMAX/モバイルルーター)

外出先でインターネットをする方法はいくつもあります。 しかし、接続するWi-Fi …

スマホ_笑顔_女性
むしろ制限”強化”?「WiMAX 3日で10GB」|UQ WiMAX2+の通信速度制限緩和(2月2日より開始)

2017年2月2日から、UQコミュニケーションズによる「3日で10GB」などの …

ポケットWIFIを使ったらスマホの月額費用は節約できる?

今回紹介しますのは、ポケットWi-Fiを使ったら普段使用しているスマホの月額費用 …

w02とwx02を比較
カンタン理解!【W02とWX02の違いを徹底比較】おすすめ機種/速度・電波感度など。

この記事では、最新機種のW02とWX02を徹底比較しています。 モバイルルーター …

tryWiMAX
無料!?モバイルルーターを1ヶ月だけ使うなら|短期契約・レンタル/WiMAX

モバイルルーターは最大20日間であれば無料で利用することが可能です。 モバイルル …

Speed Wi-Fi NEXT W02
「オススメ出来ない全理由」Speed Wi-Fi NEXT W02【評判・口コミ・レビュー】

「広いエリアで高速通信が可能」と話題のSpeed Wi-Fi NEXT W02が …

wx02
オススメしない全理由。Speed Wi-Fi NEXT WX02の特徴「口コミ・評判・レビュー付き!」

2015年11月にSpeed Wi-Fi NEXT WX02が発売されることが決 …

ポケットWi-Fiの本体(ルーター)の値段っていくら?

ポケットWi-Fiの本体はいくらするのかを今回紹介したいと思います。 月々にかか …

モバイルWi-Fiルーター
徹底比較。おすすめWiMAXルーターと失敗しない選び方【2016年版】

モバイルルーター選びに失敗すると? WiMAXルーターは機種によって性能が全然違 …